読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エクセルの大きな数字を億千万表示にして読みやすくする。

エクセルに大きな数字を表示すると直感的にわかりにくいです。
「1200000000」とかだと何かわからないし「1,200,000,000」となっていても
100万を超える数字だと「あれ、12億?それとも1200億?」とかカンマの数数えるのだけで疲れるから億千万で表示しましょう。

色々やりかたはあるのですが、表示形式のユーザー定義だけでやるのが汎用的でおすすめです。

書式で見やすくする

さて、どんな書式かというとこんなのです。

[>=100000000]#"億"####"万"0000;[>=10000]####"万"0000;####

百聞は一見にしかずでみてみると

f:id:GARAPON:20170511202717p:plain

こんなかんじでいい感じですね。

書式がなにをしているのかというと

もし [>=100000000]   の場合は
書式 #"億"####"万"0000 を適用
;
もし [>=10000]     の場合は
書式 ####"万"0000    を適用
;
それ以外は
書式 ####        を適用

という感じです。書式には条件分岐は3つまでしかかけないのでこんな感じにしています。
それ以上にわたって分岐したいのであれば条件付書式を使うとよいのですが、条件付書式だと設定がめんどくさかったりするので、セルの書式設定の表示形式のユーザー定義だけでやるのがお勧めです。

さらにがんばって後ろの0000を消してみる

さて、かっこよくなったのですが、1.2億のところとか「1億2000万」とかの表示にしたいというニーズもありますよね。後ろの0000とか消してしまいたい!といった。
本来なら関数とかで計算してやるのがいいのですが、とりあえずこれも書式設定だけでがんばってみましょう。

上記のユーザ定義を打ち込んだあとに、「"万"」の後ろで「Ctrl+J」と打ちます。
表示が1桁しかないので非常にわかりにくいのですが、イメージ的には以下のようになります。

[>=100000000]#"億"####"万"
0000;[>=10000]####"万"
0000;####

f:id:GARAPON:20170511202735p:plain

これで見てみると、なんということでしょう

f:id:GARAPON:20170511202741p:plain

かわってますね。
まあなんてことはなくてセルの中で改行されていて以下のようになっているだけなのですが
ぱっと見はごまかすことができます。

f:id:GARAPON:20170511202747p:plain

普段使いしないほうがいいバットノウハウですね><

まとめ

やっぱりエクセルはいろんなことができて楽しい!!!

広告を非表示にする