ライセンスエラーの対応

LicenseException: アプレットは、ディプロイメント ライセンスでサポートされていない機能である ('detached-applets', 'privilege') を使用できません。

#0 LicenseInfo.confirm (0x03d360ff+155)
#1 in-compiler-process (0x003d0ed8+1048)
#2 load-manifest-from-shared-cache (0x03d145ca+130)
#3 [{proc} inside load-manifest-from-cache] (0x03d1452a+30)
#4 closure_raw_handler (0x003d136a+26)
#5 ComponentManifestCache.lookup-with-lock (0x03d14362+282)
#6 ComponentManifestCache.lookup (0x03d141c3+271)
#7 load-manifest-from-cache (0x03d13ee0+120)
#8 import-manifest-aux (0x03d13e37+27)
#9 import-manifest (0x03d13dc9+33)
#10 [{proc} inside compile-component-declaration] (0x03d13cef+115)
#11 closure_raw_handler (0x003d136a+26)
#12 ProcessImplementationFakeGlobals.load-default-manifest (0x01e1db77+71)
#13 get-default-manifest-for-package (0x01e2e80d+53)
#14 TopLevelEnv.import-package (0x027fcb17+39)
#15 FileTopLevelEnv.import-package (0x027fcae6+26)
#16 compile-import-aux (0x03d11425+781)
#17 import (0x03d11104+20)
#18 maybe-process-top-level (0x023eaa1d+389)
#19 IncrementalEvaluatorFile.evaluate-next (0x027fb8d3+307)
#20 IncrementalEvaluator.evaluate-next (0x027fb6f9+65)
#21 Applet.load-next-aux (0x027f9d2a+734)
#22 Applet.load-next (0x027f977b+147)
#23 [{proc} inside Applet.load-start] (0x027f96d8+16)
#24 closure_raw_handler (0x003d136a+26)
#25 AlarmQueue.dispatch-alarms (0x01e30061+289)
#26 EventQueue.dispatch-events (0x01e2f747+175)
#27 dispatch-events (0x01e2f659+53)
#28 event-loop (?) (0x01e2f61d+9)
#29 run-applet (0x027ee178+120)
#30 ProcessRunnable.run-bound-proc (0x01e1d782+1246)
#31 ProcessRunnable.run (0x01e1d29e+10)
#32 curl-thread-really-really-call-run-in-runnable (0x01e1d276+18)
#33 curl-thread-really-call-run-in-runnable (0x01e19001+233)

アプレットは、ディプロイメント ライセンスでサポートされていない機能である ('detached-applets', 'privilege') を使用できません。
と言われたら。プロ用ライセンスを使用しましょう。Localhost用はここにあります。
C:\Program Files\Curl Corporation\Surge\6\ide\etc\localhost-pro\curl-license-5.dat

Curlのライセンスファイルはサーバーのキャッシュに残っていたりSurgeのキャッシュに残っていたりでエラーになりやすいので、ライセンスファイルを置き換えた後は

  • サーバー再起動
  • Surgeシャットダウン

をしてから起動するようにしましょう。ここではまっちゃうと原因の潰し込みができず嵌ることになります。

広告を非表示にする